ロレックス高額買取のための業者選びと査定のコツ

時計買取業者比較表はこちら
宅配買取の流れはこちら
ロレックス高価買取のコツ » 【高価買取ガイド】ロレックス編 » ロレックスのベルトなし買取について

ロレックスのベルトなし買取について

ロレックスのベルトなしでも買取してもらえるのか?

世界的に有名なロレックスはヴィンテージ品としての価値が高く、ベルトなどの付属品がなくても買取してもらうことが可能です。場合によってはジャンク品として買い取られてしまうことがありますが、それでも数万円~数十万の価格がつくことも珍しくありません。理由としては腕時計の場合、他のパーツで補えるからだと言えます。

注意しておきたいポイントは、業者によっては高価買取ができそうな業者をしっかりと選ぶこと。業者によって買取金額が異なってくるので、経験豊富な鑑定士がいる業者を見極めるようにしましょう。ここのページではそんな「ベルトなしロレックス」の買取について紹介しています。これからベルトがないロレックスを売却しようと検討している人は、ぜひ参考にしてください。

時計の素材の特徴と買取額

時計に使用される代表的な素材の特徴と買取価格の傾向をまとめてみました。ご自分の時計の素材と照らし合わせて参考にしてみてください。

ステンレススチール

SSと表記される。その名のとおりステンレス(錆びない)ことを大きな特徴とする、鉄にクロムを混ぜることで錆びにくく加工した合金のことです。

ただし一言でステンレスといっても、種類によって傷に対する強度は違ってきます。あのロレックスもステンレスを使用していますが、ステンレスの中でも特別な種類のものを使っています。高価なのはそのためでもあります。

傷がつきにくく、傷がついてしまったとしても取りやすく美しい光沢を取り戻しやすいため、比較的高価で買取してもらえる傾向があります。

シルバー

SVと表記される。かつては時計の素材として多く使われていましたが、錆に弱いので最近はあまり使用されなくなりました。ブランド物でない限り、あまり高く買取されないようです。

ゴールド

金含有率は「カラット(Karat)」で表わされ、K24(24金)と表記される物が純金です。純金は柔らかいので他の金属を加えて加工しやすくしたのが、K18(18金)やK12(12金)と呼ばれるものです。

金は素材としての価値があるため、時計の場合だとブランド専門店に売るか金の専門店で売るかを迷う人もいるほどです。

また、金の時計の場合は動かなくなったものでも、素材としての価値があるため買取が可能であったり、高値がつくケースが多いのも特徴です。

金を使っているということで時計としての価値だけでなく素材としての価値もあるので、たとえ動かない・修理しても直らないという時計でも、金の相場に応じて買取をしてもらえるケースが多くあります。

素材として買い取る場合は、金の含有率(純度)が高いほど高価で買取となります。

プラチナ

PTと表記される。プラチナの含有率によって100%プラチナのものをPt1000、90%のものをPt900などと表記します。金と同様、純度100%のプラチナは傷がつきやすいためバラジウムやルテニウムなど他の金属をプラスして、傷がつきにくいプラチナを作り上げています。時計ではpt900、pt850と呼ばれるものが多いようです。

プラチナの相場も金・銀と同様変動していて、素材としての価値も高いので、買取価格では高額査定のポイントになります。

ベルトだけでも買取が可能

腕時計だとパーツをそろえれば再利用できるため、ベルトやベルトのコマといった部品でも買取することが可能。むしろ年代物の時計に関しては「パーツだけの需要」が高い場合もあるので、さまざまな買取業者をチェックしておく必要があるのです。例えば「ロレックス116613」の余りコマ2つで14,000円「サブマリーナRef.6536」用の回転ベゼルが300,000円と高値で買取している事例があります。

「ここまで使い込んだら無理だろうな」と思う場合でも、純正品だと認められれば気持ち分の上乗せはありえるので、とりあえず相談してみることをおすすめします。

ロレックスのベルトなしだといくら下がるのか?

アイテム名 型番 買取価格
ロレックス デイデイト ref.1803 410,000円
アイテム名 型番 買取価格
GMTマスター 16750 300,000円
アイテム名 型番 買取価格
デイトジャスト 16234G 220,000円

ベルトなしでも査定に出すべき

私はね、昔のことになるのだけど買取会社の時計買取部門に所属していたんです。その時にロレックスのベルトや、ベルトのコマだけを持ってくる人がいて、よく鑑定していたんだけどやっぱり世界のロレックス。ベルトのコマ2つだけでも買取額10,000円を軽く超してしまうから、本当にすごいと思いましたね。だから私はベルトがなくても査定に出すべきだと感じています。

でもここで気を付けておきたいのは買取業者!店舗で鑑定をしてくれる「店舗買取」、商品を配送して鑑定してもらう「宅配買取」、鑑定士に指定した場所まで来てもらう「出張買取」と充実した買取業者が今は多く存在。その中でも私がおすすめしたいのは、店舗まで足を運ばなくて良い「宅配買取」。ベルトのコマを売りに行くのにわざわざ交通費をかけるのもなんだか…。宅配買取会社の中には送料無料で宅配キットを発送できるところもあるから、お得に鑑定ができますよ。きっとプライベートで忙しい人でも利用しやすい買取方法です。

目利きのジーミーが詠む!ロレックス川柳

ロレックス ベルトなしでも 価格つく

ロレックスのベルトがなくても値がつくんだよ、ということを多くの人に伝えたくて詠んだ俳句です。

【高価買取ガイド】
ロレックス編

ロレックスの買取例

ロレックス売却サービス
エピソード

時計買取20店の
事例まとめ

オメガの買取例

タグ・ホイヤーの買取例

ブライトリングの買取例

カルティエの買取り例

ブルガリの買取例

シャネルの買取例

ティファニーの買取例

ウブロの買取例

パネライの買取例

サイトマップ